あなたのお役立ちは何ですか?

160405

交流会などで名刺交換をする場合、
同業種の集まりではなく、色んな業種の方が参加しています。

つまり、名刺交換をする相手は
あなたの業種については、全くの素人さんです。

普段の同業種同士なら自然に伝わることでも
実は全く伝わっていません。

例えば、「FPです」と自己紹介しても
自分たちが思っているほど、
周りの人は
●FP=ファイナンシャルプランナーだと気がつかない
●ファイナンシャルプランナーというのは聞いたことがあるが、
 何をやってくれるのか?具体的にはわからない
という状態です。

なので、
自分が
●どういう問題を解決できるのか?
●どういう悩みを解消できるのか?
●どういう役に立てるのか?

を知ってもらう必要があります。

逆に、相手に
「あなたはどんな問題を解決できるのですか?」
「あなたはどんな悩みを解消できるのですか?」
「あなたはどんな役に立ってくれるのですか?」
と質問されたと思って、その答えを考えてみてください。

できれば、その答えが「名刺に書いてある」状態だと
いちいち、説明しなくても、自然に相手に伝わりますね。
自然に相手に伝わる名刺の作り方をお教えします!
2016/4/19【広島】交流会をビジネスチャンスに変える!儲かる名刺の作り方セミナー
http://moukaru.jp/column/seminar_new

交流会に丸腰で参加していませんか?

160401

交流会などに参加すると名刺交換でこんなシーンがあります。

1.名刺を持っていないので、相手の名刺をもらうだけ。

残念ながら名刺を持っていないと、
口頭で「○○の△△です。」と名乗っても、
その場でよっぽど会話が盛り上がらない限り、
相手の記憶には残りません。

名刺がない=丸腰 です。

よほど会話が上手で印象に残るトークが展開できるスキルがあれば別ですが
口ベタ&人見知りなら、なおさら「丸腰」での参加は避けたいところです。

実は、私も「口ベタ&人見知り」なんです。

だから、名刺にしゃべってもらおうと考えたのが
「儲かる名刺」なんです。

せっかく交流会に参加するのなら、参加者と良い関係性を築くためにも
名刺は持っていきましょう。

2.お互い名刺交換したけど、会話もはずまず、ただ名刺交換しただけ。

交流会でよく見かけるパターンです。(汗)
名刺交換した後、お互いがお互いの名刺を見て、会話の糸口を探しています。

しかし、会社名や肩書き、名前や連絡先しか記載していない名刺だったら
会話が続かず、気まずい雰囲気になって、
「今後共よろしくお願いします・・・」で名刺交換タイムが終わってしまいます。

せっかく名刺交換しても、
「どんな仕事か?」
「自分にどう関係あるのか?」
「どんな人か?」
がわからなければ、興味もわきませんし、
ましてや、仕事につながる可能性は低いです。

しかも、後から名刺を見ても、
誰か思いだしてもらえず、結局、その他多くの名刺の中に埋もれてしまいます。

せっかくの名刺交換の機会があったにもかかわらず、
その機会を活かすことができず、残念なパターンです。

3.名刺交換から会話がはずみ、親近感も感じるようになる。

名刺交換で会話がはずむと、相手との距離が縮まります。

ましてや、相手と「趣味が一緒」、「家族構成が似ている」、「出身地が同じ」
のような共通項があれば、急激に距離が縮まり、親近感を感じます。

会話がはずめば、お互いの仕事の話しもしっかりでき、
知ってもらう事ができます。

例えば、
「名刺=古土」というように認識してもらうことができれば
自分が名刺が必要になった時に、思いだしてもらえたり、
知り合いが名刺が必要になった時に、紹介してもらえます。

名刺交換で会話がはずみ、仕事につながるようにするには
しっかりと名刺を設計する必要があります。

最新の「儲かる名刺の作り方」セミナーでその設計方法をお伝えします。

2016/4/19【広島】
交流会をビジネスチャンスに変える!儲かる名刺の作り方セミナー
http://moukaru.jp/column/seminar_new

 

交流会の名刺交換を見直しませんか?

こんにちは。

儲かる名刺コンサルタントの古土です。
久々の投稿になります。

異業種交流会、盛んですね。
facebookなどでも、
いろんな交流会が告知されています。

先日参加した異業種交流会では、
名刺交換タイムがありました。

こういう時間があると
名刺交換が苦手な人にとっては
助かりますね。(^^)

名刺交換160331

その名刺交換タイムで
約20人の方と名刺交換しましたが
さすがに、それぞれの方のお顔やお仕事を覚えきれません。

なので、席に戻ってから名刺を見返しても
誰が誰だかさっぱりわからない状態・・・。

これでは、いくら名刺交換しても
親近感は覚えないし、
ましてや仕事について、
問い合わせてみよう、お願いしようとは思いません。

でも逆に、私の場合は、
名刺をお渡した相手は、次回の交流会でお会いした時に
気さくに声をかけてくださいます。
相手からの距離は縮まっているなーと思います。
そして、興味を持っていただいた方が
セミナーへ参加いただくこともあります。

もし、交流会に参加する全員が「儲かる名刺」だったら
さぞかし、少ない回数でお互いの距離が縮まり
お互いの仕事を理解し、紹介し合ったり、コラボできたりと、
参加した方のお仕事が加速する交流会になるのになぁと思います。

交流会の幹事さん、参加者の仕事につながるためにも
ぜひ、「儲かる名刺」をオススメしてくださいね。(笑)

最新の「儲かる名刺の作り方」セミナー
2016/4/19【広島】
交流会をビジネスチャンスに変える!儲かる名刺の作り方セミナー
http://moukaru.jp/column/seminar_new