メイクアップアドバイザーの儲かる名刺のヒアリング

昨晩は、メイクアップアドバイザーYさんの

「儲かる名刺」制作のためのヒアリングを行いました。

a0007_002784

 

あるスクールでの講師を務めていることをお伝えする名刺を作るのですが、

今後は、個人的にも活動をしていきたいとの事でした。

 

世の中には数多くのメイクアップアーティストや

スタイリストなどいらっしゃいます。

 

そういう状況で、Yさんが

「お客様に選んでいただけるためには、何をアピールすれば良いのか?」を

ヒアリングしていきました。

 

スクールの校長さんが、Yさんを講師に抜擢した理由や

今までの経歴、メイクアップにおけるYさんの思いをうかがうと

他の同業者さんにはない、Yさんならではの「ウリ」が見えてきました。

 

その見えてきた「ウリ」の部分を

Yさんご自身では気がついていなかっただけなんです。

 

 

今後、個人で活動するためには、

この「ウリ」の部分が「自分軸」になります。

 

この「自分軸」に従って、ブレないように

具体的なメニューやコンテンツとして明確にしていく方法なども

お伝えできました。

 

私の中では、Yさんが活動されている映像がイメージ出来ました。(^^)

 

これから名刺作成なので、詳細はまだ披露できませんが

今後どのように活動を開始されるのか、楽しみです!(^^)

女子脳と男子脳のミックスを!

IMG_1437

先週の土曜日、広島で開催された舛岡美寿子さんの

「お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術」の

出版記念講演講演へ参加してきました。

 

会場は約140名の参加者のうち、男子は約10名ぐらい。

圧倒的な女子率でした。(^^ゞ

IMG_1439

 最初は、妻にススメられてこの本を手にしたのですが、

「なるほど、女性はこう考えるのか・・・」と納得するところが

多くありました。

 

男性脳では、

・他者との競争に勝ち成果をあげること

 目に見える結果が全て

 

女性脳では、

・共感や横のつながりを大事にし共有する

 夢や希望を口にする

 

確かに、物に溢れた現在、

お金さえあれば、誰でも、どこでも、何でも、

欲しい物が買うことができます。

 

「何を買うか?」ではなく「誰から買うか?」が

お客様の選択基準となりつつあります。

 

「共感」がキーワードとなり

自分自身の「プロフィール」や「ストーリー」が

益々重要になっています。

 

また、

男性脳は、カタチにするのが得意

女性脳は、イメージするのが得意

 

 

そういう意味でも、

特に「男子脳」で考えていた人にとって

「女子脳」的な考え方も持つことで

新しい視点ができそうです。

 

逆に「女子脳」で考えていた人にとって

具体的な数値目標や施策を考えることで、

成果としてカタチにすることができそうです。

 

 

その時の状況によって

「男子脳」と「女子脳」の切り替えが上手にできる

「ハイブリット脳」が理想なんでしょうね!

IMG_1444

呉市出身でもある舛岡美寿子先生と

ツーショット写真。 :-P  

 

 

 

名刺って初対面の人に渡すものと思っていませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺って初対面の人に渡すものと思っていませんか? No.108
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あなたが名刺をお渡しする時は、どんな時ですか?」

という質問をすると、普通は、

「初対面の人と会った時に、最初のご挨拶として渡す」

という答えが一般的です。

しかも「そういう使い方しかしていないよ」という方も
多いのではないでしょうか?

確かに、普通のビジネス名刺の場合は、そうだと思います。
というか、そういう使い方をするように作ってありますね。

でも、「儲かる名刺」の場合は、違う使い方もできるんです。

実際、つい最近「儲かる名刺」を作っていただいた
女性向けサロンの経営者さんから次のような話を聞きました。

すでサロンに通っていただいているお客様(=既存のお客様)に

「サロンに興味がありそうな人がいたらお渡ししてね」

という言葉をそえて「儲かる名刺」を3枚お渡ししたそうです。

特に「お友達を紹介して」と言ったわけでもなく、
名刺を渡した人に、誰かを紹介したら
何らかのメリットがあるというわけでもありません。

それにもかかわらず、たった3枚渡しただけで
そこから1名様がサロンに来店され、ご利用いただいたそうです。

「たった3枚から1名様が来店」

ものすごく効率がいいですね。(^_^)

既存のお客様は、すでにそのサロンの良さを知っていらっしゃいます。
また、良いと思っていらっしゃるから、リピートされているんです。

ですから、知り合いのお友達の中で、

「この人もこのサロンを利用したら、絶対良いと思う!」とか
「この人にこのサロンを紹介したら喜ぶだろうな!」という
想像ができるんです。

そこに、ちょうど、「儲かる名刺」があれば、
「ここのサロンオススメよ!」という、口コミツールとして
利用いただけるんです。

「儲かる名刺」を見れば、
・そのサロンがどういう悩みを解決してもらえるのか?
・他のサロンとどう違うのか?
・サロンをやっている人は、どういう思いでやっているのか?
・この名刺を持っていくと、ちょっとしたサービスがある!
ということが、伝わります。

紹介したい人が、いちいちサロンの説明をしなくて済むわけです。
自分が利用した感想を一言そえるだけで十分なんです。

既存のお客様の周りには、同じような価値観や経験、状況の方が
いらっしゃることが多いのです。

既存のお客様の周りに、見込みのお客様がいらっしゃる可能性が
高いということですね。

このように、名刺を初対面の方に渡すだけではなく、
既存のお客様に数枚お渡しして、

「○○に困っている人がいたら、お渡ししてね」

「○○に興味がある人がいたら、お渡ししてね」

という言葉をそえてみましょう!

ぜひ、「儲かる名刺」を「口コミツール」として
使ってみてくださいね!