名刺を作り直した時が新しいスタート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺を作り直した時が新しいスタート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私自身が会社名、名前、連絡先などの普通のビジネス名刺から
お役立ちを伝える「儲かる名刺」に変えたことで
名刺交換から良いご縁をいただき、ビジネス自体が大きく変わりました。

特に最近は、女性の起業家・事業主さんの名刺作成の依頼が多く、
名刺を作り直すことで、既存の商品・サービスを見直し、
新しい展開をスタートさせるきっかけになっているなと実感しています。

例えば、「ペットサロン」の場合

すでに開業されて10年以上経っているので、
トリミングから始まった提供できるサービスが徐々に増えています

・トリミング
・ハーブパック
・温浴
・ドッグマッサージ etc

「愛犬の美容と癒し」というくくりで、名刺を作成することも可能でしたが、
ヒアリングを通して、これから一番提供していきたいサービスは何か?
ということが明確になり「ドッグマッサージ」に絞って、
「ドッグマッサージのメリット」をお伝えする名刺にしました。

ご自身の中で、
これからは「ドッグマッサージに力を入れていく!」という
ブレない軸ができることにより、
力を入れていくべきところが明確になりました。

さらに他のメニューとの組み合わせなど、
サービスの提供の方法なども見直す機会になりました。

■低価格で始めたテストマーケティングを本格的なビジネスに!

特に最近の女性で多いのが、今まで身につけたスキルをもとに
先ずはご自宅や出張などの形で提供するケースです。

例えば「癒し系の自宅サロン」の場合

まずは経験を積むというテストマーケティングの要素もあって
お友達やそのお知り合いを対象にして
低価格でのサービス提供をされている方。

最初はそれでも良かったのですが、
低価格ということもあって、徐々にお客様が増えていきながらも
低価格のままサービス提供を続けてしまっているケースがあります

先日ご依頼いただいた方もまさにそのケースでした。

ヒアリングの際に提供しているサービスなどをうかがっているうち
「価格を見直したい」というご要望があることがわかりました。

例えば、
・骨盤矯正、足のむくみとり、ヒップアップ、
・上半身のマッサージ
・フェイシャル
・ヘッドマッサージ

今まではそれぞれのサービスの価格を明確にせずに、
全部コミコミで、5,000円というメニューだけでした。

そこで、上記サービスの価格を競合の価格を参考にしながら
ひとつずつ明確にしていきました。

・骨盤矯正、足のむくみとり、ヒップアップ:4,000円
・上半身のマッサージ:6,000円
・フェイシャル:4,000円
・ヘッドマッサージ:2,500円

合計すると、16,500円になります。(^^ゞ

フルコースとするセット料金で、
16,500円→15,000円としても
今までの3倍の価格になります!
しかもお得感はあります。

それぞれのメニューを独立したメニューとして表示するだけで
今まで提供していたフルコースメニューの価値が伝わります。
でも今までは、
「来た時より美しく元気になって帰ってもらいたい」という
想いが先行して、価値をお伝えする事ができていなかったのです。

既存のお客様はお友達でもあるので
価格を急に上げる事はできません。
そこでVIPとして今までの価格で提供するかわりに
積極的にお友達を紹介してもらうという流れを作る事にしました。

そして新規のお客様からは新価格で提供していくことになりました

このように、名刺を作り直す事がきっかけとなり
今までの現状を打ち破っていくという決断ができますし

新しいブレない自分軸=自分らしさ

を再構築していくことができます!

名刺を作り直すと決断した時から、新しいスタートができるのです。(^^)

004

儲かる名刺のお問い合わせはコチラから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a83f7736227499

名刺って初対面の人に渡すものと思っていませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺って初対面の人に渡すものと思っていませんか? No.108
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あなたが名刺をお渡しする時は、どんな時ですか?」

という質問をすると、普通は、

「初対面の人と会った時に、最初のご挨拶として渡す」

という答えが一般的です。

しかも「そういう使い方しかしていないよ」という方も
多いのではないでしょうか?

確かに、普通のビジネス名刺の場合は、そうだと思います。
というか、そういう使い方をするように作ってありますね。

でも、「儲かる名刺」の場合は、違う使い方もできるんです。

実際、つい最近「儲かる名刺」を作っていただいた
女性向けサロンの経営者さんから次のような話を聞きました。

すでサロンに通っていただいているお客様(=既存のお客様)に

「サロンに興味がありそうな人がいたらお渡ししてね」

という言葉をそえて「儲かる名刺」を3枚お渡ししたそうです。

特に「お友達を紹介して」と言ったわけでもなく、
名刺を渡した人に、誰かを紹介したら
何らかのメリットがあるというわけでもありません。

それにもかかわらず、たった3枚渡しただけで
そこから1名様がサロンに来店され、ご利用いただいたそうです。

「たった3枚から1名様が来店」

ものすごく効率がいいですね。(^_^)

既存のお客様は、すでにそのサロンの良さを知っていらっしゃいます。
また、良いと思っていらっしゃるから、リピートされているんです。

ですから、知り合いのお友達の中で、

「この人もこのサロンを利用したら、絶対良いと思う!」とか
「この人にこのサロンを紹介したら喜ぶだろうな!」という
想像ができるんです。

そこに、ちょうど、「儲かる名刺」があれば、
「ここのサロンオススメよ!」という、口コミツールとして
利用いただけるんです。

「儲かる名刺」を見れば、
・そのサロンがどういう悩みを解決してもらえるのか?
・他のサロンとどう違うのか?
・サロンをやっている人は、どういう思いでやっているのか?
・この名刺を持っていくと、ちょっとしたサービスがある!
ということが、伝わります。

紹介したい人が、いちいちサロンの説明をしなくて済むわけです。
自分が利用した感想を一言そえるだけで十分なんです。

既存のお客様の周りには、同じような価値観や経験、状況の方が
いらっしゃることが多いのです。

既存のお客様の周りに、見込みのお客様がいらっしゃる可能性が
高いということですね。

このように、名刺を初対面の方に渡すだけではなく、
既存のお客様に数枚お渡しして、

「○○に困っている人がいたら、お渡ししてね」

「○○に興味がある人がいたら、お渡ししてね」

という言葉をそえてみましょう!

ぜひ、「儲かる名刺」を「口コミツール」として
使ってみてくださいね!

常識を破ると注目される!

IMG_1275こんにちは。

今回もめざましネタです。(^^ゞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 常識を破ると注目される   No.106

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 朝出かける前の忙しい時間帯。

時計代わりにつけているTVの映像に目がとまりました。

 

段ボールでできた、人が乗れるような

戦車やメリーゴーランド、ブランコ、人力車がある!

 

しかも、近くで見ないと

「段ボール」とはわからないぐらい精巧です。

 

人が乗れるくらい頑丈なのは

「強化段ボール」という特別な段ボールだから

可能なのだそうです。

 

理由がわかれば納得なのですが、

なぜバタバタしている朝でも、手を止めて、

しかもスマホを取り出して写真まで撮ってしまったのか・・・(^^ゞというと

 

「えっ、段ボールでこんなのできるの?」

 

という、常識を超えていたから興味を持ったわけです。

 

しかも、興味を持ったから、メディアが取り上げたという事です。

 

 

実は、これは私の「儲かる名刺」でも再現しているんです。

 メインのキャッチコピーに

「あなたの名刺を儲かる名刺に変身させます!」と

入れてあります。

 

一般の方の名刺のイメージは、

 

初対面の人と会った時の儀式的な名刺交換で渡す

連絡先を伝えるカード

 

それが、

「名刺で儲かる?!」という部分が

常識を越えているので注目していただけるんです。

 

このメインのキャッチコピーは

「つかみ」の部分ですので、

 

・注目される

・興味を引く

 

が、まさにメインキャッチコピーの役目です。

 

注目されたり、興味を持っていただければ

その後の話が広がったり、

あまり話が出来ない状況でも、印象に残る可能性が高くなります。

 

印象に残れば、後日、その方が必要になった時や

その方の知り合いが必要になった時に

思い出してもらえて、紹介していただけます。

 

現在のあなたの商品・サービスを工夫することにより

一般の常識を破るような提案を考えてみると

新しい価値が生まれてきます!

 

Q1.あなたの商品・サービスの一般常識は何ですか?

Q2.その常識を破る提案とは何ですか?

 

常識を超える名刺の作り方のセミナー

最新情報はコチラ↓ 

 http://moukaru.jp/column/seminar_new