新型万能細胞の作成法発見のニュースが身近に感じたワケ

IMG_1227

おはようございます。 :-P

今朝は、新型万能細胞の作成法を発見した小保方さんがニュースとなっていますね。

 正直、私には、その新しい万能細胞の作成法が将来きっと役に立つのでスゴイ!という程度しか理解できません。その事に詳しいワケではないので・・・(^^ゞ

しかし、ニュースを見ると、なぜか嬉しくなり、応援したくなります。

何も応援する力などないですけど・・・(^^ゞ

 

これは、ただ、「新型万能細胞の作成法」や「将来への期待」などを伝えるだけでなく、発見に至るまでのストーリーを一緒に伝えているからなんです。

 

そのストーリーのエピソードとして

・祖母からもらったかっぽう着

・世界的科学誌に掲載を拒否された

ということで、わかりやすく印象づけができています。

 

しかも、一般の人の「研究者」のイメージと違う
「若い女性」が、しかも「かっぽう着」というギャップで
印象づけられました。

 

特に「新型万能細胞の作成法」という、一般の人にはわかりにくい、

また最初から「難しい」というイメージで興味がわかない事を詳しく伝えるより

その開発ストーリーや、その方の人となりを一緒に伝える方が

伝わりやすく、一般の人にもわかりやすく、

「がんばって!」と応援する気持ちが自然に生まれます。

 

 これって、

私たちが商品やサービスを伝える時も、実は全く同じことなんですね。

 

そもそも、一般の人は、

あなたの商品・サービスに、そんなに詳しいわけではありません。

そこで、いきなり商品・サービスについて詳しく説明するだけでは、

興味を持ってもらえません。

 

まずは、わかりやすく

「商品・サービス」がどういう役に立つのか?という概要をお伝えし、

その商品・サービスをオススメする自分はどういう人間か?をお伝えします。

 

商品・サービスに対する想いや情熱、

開発や販売に関するご苦労などをお伝えする事で、

相手との距離が縮まることで親近感が増し、

商品・サービスも身近に感じる事ができます。

 

なので、名刺にも「個」を伝える内容を入れるんです。

 

特に大手企業ができない、「個」を出すことを、

私のような個人事業主さんや

小さな会社の経営者さんは積極的にやっていきたいですね!