名刺とネットの連携が大事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名刺とネットの連携が大事             メルマガNo.88
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■リアルとネットの融合

先日、「儲かる名刺」を作り、ご使用頂いている「KOUKI倉迫」さんから
お話しをうかがいました。

倉迫さんは、「名刺」だけでなくて、
「自社の価値」や「他との違い」をわかりやすく明確にした
「ホームページ」を作り込んでいらっしゃいます。

そして「ホームページ」を見た方に
「来店」してもらうという流れを見事に確立しています。

KOUKI倉迫さん

http://www.kouki-kurasako.com/

倉迫さんは以前、ラジオに出演された事があって
出演の際に、番組のパーソナリティーさんに
「儲かる名刺」を渡して、色々とお話しをされたそうです。
もちろん、ホームページもしっかりと見ていただいたそうです。

「儲かる名刺」や「ホームページ」などから得た情報で
「倉迫さんに頼もう!」と思っていただいて、ご来店いただいたそうです。

まさに、

「名刺=リアル」と「ホームページ=ネット」の融合

の相乗効果です。
私もちょうど昨日の交流会で、似たような体験をしました。

その交流会には初めての参加だったのですが、
名刺交換した方(初対面です)が、私の名刺を見て

「あっ!見たことある・・・」とおしゃったのです。

うかがってみると、セミナーの告知サイトへ登録していた
私の写真に見覚えがあり、名刺を見て思い出したそうです。

「儲かる名刺のセミナー」に興味があって、
告知ページを見たことも思い出していただいて、
「まさか、ここで会えるとは・・・」と一瞬驚いたということでした。

もともと「名刺」について興味を持っていただいていたので
その後もいろいろと話しも盛り上がり、長い時間お話しし、
次回のセミナーのご案内もさせていただきました。(^^ゞ

私の場合、名刺やホームページ、facebookなどのソーシャルメディア、
ネットでの告知サイトの登録など、一貫して同じ写真を使用し
「儲かる名刺コンサルタント」という軸をブラさずに、掲載しています。
■名刺にネットへの誘導を設計する

名刺は100%見てもらえる最強の営業ツールです。
その名刺では伝えきれない、商品・サービスの魅力の詳細や
あなた自身の事をさらに深く知ってもらうために
「ホームページ」や「ブログ、facebookなどのSNS」
「YouTube」などへ誘導すると、
興味を持っていただいた方が来訪してくれます。

例えば
・商品の使用法
・商品開発秘話
・サービスの流れ
があれれば、より詳しい情報を得ることができます。

・お客様の声
・Q&A
があれば、お客様の不安要素を解消することができます。

・あなた自身のプロフィール
・商品・サービスに対する想い
があれば、あなたに対しての信頼と共感が深まります。

動画でいうと、
私のようなコンサルタント業は「セミナー風景」
お好み焼き店や焼き肉店のような飲食店では
「実際にジューッという音をたてて焼いている映像」だったら
名刺では伝えられない「音」も伝える事ができます。
見ると食べたくなってしまします。(^^ゞ

■相手が自分の意志で行動したということが重要

ここで大事なのは、アクションを起こしたのは、
相手の方だという事実です。

これは、「興味を持ったので、見てみよう」という行為なので
決してあなたが売り込んだワケではないということです。
「相手が自分の意志で行動した」ということなのです。

行動を起こしていただいた時に、
相手が欲しい情報を充分に提供して、
資料請求、見積依頼、成約、来店につなげるという流れができます。
このように、「儲かる名刺」を「つかみ」として、
相手に興味を持ってもらい、
その後、ホームページなどのネットでつながり
情報を提供し、相手へ行動を起こしてもらうという流れを作り出しましょう!